慈園(jion)の微笑み日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 深まりゆく秋の日に…

<<   作成日時 : 2016/11/13 20:17   >>

ナイス ブログ気持玉 217 / トラックバック 0 / コメント 50

以前、お稽古していたお茶の先生から招待状をいただき

たつの市の「衆遠亭」で行われたお茶会に行ってきました。
画像
             ちょうど11月は炉開きの月です

            凛とした静寂の中でシュンシュンとお湯の沸く音。

            何とも言えないその静謐さが私は大好きです。






「衆遠亭」は龍野藩主脇坂氏の上屋敷跡にある歴史的建造物、庭園です
画像



浮堂は江戸時代に藩主、脇坂安宅が孝明天皇から賜り、心字池の上に

書院造を取り入れた、数奇屋風の茶室です。
画像









浮堂の隣にある茶室「楽庵」は裏千家家元15世千宗室が命名しています。

今回のお茶会はこちらの建物で催されました。
画像





この日、やや曇り空で大変寒かったのですが

お客様が沢山いらしていました。
画像



画像





画像




お菓子は「吾妻堂」の銀杏餅。
画像




辺りは紅葉が始まっていました。

きれいに撮れていませんが、ご覧いただけると嬉しいです。
画像





画像





画像





藩主の「お涼所」。

18世紀後半に建てられ、数回の増改築があったと聞いています。
画像





画像



この近くに赤とんぼで有名な三木露風の碑がありました。

龍野は三木露風の故郷なのです
画像




画像







翌日は所属寺で行われた「福祉コンサート」のお手伝いに行って来ました。
画像


このコンサートは2005年より毎年恒例となりました。

プロの演奏家たちのご厚意で、特別な配慮を必要とする方々と

お子様連れでも気軽に参加できるクラシックコンサートです。
画像



立ち上がる人あり、リズムを取る人あり、皆さん自由な姿勢でOK。

こんなコンサート、めったにないですよ(笑)

画像






ピアノの福田直樹さん、彼も自分の世界に入っていらっしゃる(笑)。
画像




画像



チェロの秋津さんもとてもいい音色を聞かせてくださいました。
画像



バッハ、ショパン、モーツアルトのおなじみの曲が、本堂いっぱいに

響きわたりました。

音楽は心の癒しですね。

皆さん、至福のひと時をお過ごしいただけたことでしょう。








そして今日(13日)は、干し柿作りに挑戦しました。
画像

見て下さい。沢山あるでしょ。

一人ではとても処理しきれません

そこでマンションの知人たちを巻き込んで頑張りましたぁ。
画像
チョッと熟れすぎの感がありますね〜



皆さん、干し柿はお好きですか?

スーパーではかなり高価な値段がついているし

干し柿作りは手間暇かかりますわね〜。



子供たちも手伝ってくれました。
画像
                          
これは柿を吊るす紐の三つ編みをしているんです。

慈園さんは何でも子供たちに手伝ってもらいます。


緩くてもいけないし、きつ過ぎてもダメ。

1〜2本編んでいるうちに上手にできるようになりました。
画像
                 「慈園さんこれでい〜い?」



出来上がりましたぁ〜
画像


画像


お正月を迎える頃、お手伝いして下さった皆さんにお裾分けします。

美味しく、お・い・し・く   な〜れぇ 





最後までご覧いただき有難うございました<m(__)m>







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 217
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(50件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
素晴らしい庭園ですねぇ。京都の方も紅葉になってこられてこの衆遠亭の建物といい感じですねぇ。お茶会で良く写真を撮ってこられましたですよね。お茶のことは全く分かりませんが、結構厳しそうですに…。
干し柿を造られているのですねぇ。此方でも農家さんとかでは作っていますが、もう最近ではほとんど吊るしている所を見ていません。子供さんたちも手伝われてたくさん出来ましたですね。
HT
2016/11/13 22:26
こんばんは(o´∀`)ノ
秋景色の中でお茶会の庭園
若い子もいるのですね〜
(そっちかい(笑))
福祉コンサートもいいですね
干し柿作りにせっせと
楽しい時間を過ごせましたね
るなまる
2016/11/13 22:31
こんにちは。

お茶会ですか。
素敵ですね。
秋の景色を見ながらお茶。。。いいですね。
紅葉はもうちょっと先って感じですかね。
今年は遅いですね/

干し柿、いっぱいありますね〜。
美味しいのができるといいですね。
トトパパ
2016/11/14 09:49
 お茶会 良かったですね!
衆遠亭は懐かしいです 龍野は
城下町なので 古風で趣があります
10月末に 久しぶりに龍野城とヒガシマル醬油
資料館などへ行き懐かしいでした
以前 友人に誘われて私もお茶会へ行ったこと
あります 

干し柿作りも楽しそうですね
大きな柿で 干して縮んでも食べでが
ありそうですね 
私たちも昨日の快晴の日に 丹波立杭まで
ドライブし 紅葉を楽しんできました
風が無く暖かい日は ジっとしてられません 
R子
2016/11/14 13:47
本堂でプロの演奏家のコンサート、音が伝わってくるようですね、きっと音色が響き渡ったことでしょうね、大きな空間で音が研ぎ澄まされたことでしょうね。
fujisan
2016/11/14 16:44
青い干しネットにもも入っているのが見えますねうらやましいです。
何度か作ったことはありますが、暖かな土地柄、カビもよくはえてくれました 
コマダム
2016/11/14 16:50
昨夜はコメントの調子が悪く、消えてしまいました。
素敵な場所でのお茶会は、風景もひっくるめて落ち着きますね。
コンサートも、気楽に聴ける機会を作られたのは、良い事ですね。
干し柿もおいしくなることでしょう。
たまに干し柿用に紐までつけたのが売られていて、気持ちが
動くときもありますが、結局は出来たのを買うだけです。
楽しい秋の日々をお過ごしですね。
つばさ
2016/11/14 17:03
竜野市の「衆遠亭」「浮堂」以前一度だけ訪れたことがあり懐かしく見させていただきました。近くの三木露風の碑の前で赤トンボの歌が流れているのを聴いたような記憶もあります。
お寺でクラッシックコンサート自由に聞けて楽しんでいらっしゃる様子が目に見えます皆さん喜ばれたでしょうね。
干し柿作り子供達を巻き込んで楽しそうですね。 
きっと美味しく出来上がるでしょう。
私も少し(6個)作り柔らかくなったので冷凍しました。
お正月に冷たくって柔らかい干し柿が食べられます。
もこ
2016/11/14 19:55
こんばんは。
素敵なところで素敵な季節のお茶会、素敵です(素敵ばかりですみません^^)。
私も昔茶道のお稽古に通っていました。今はもうお点前も忘れてしまいましたが、あの茶室の静謐な雰囲気は今でも好きです。
でも、もう足が痺れてダメですね^^
干し柿、おいしそう〜〜。
JK
2016/11/14 20:14
こんばんは。
由緒のある茶室での茶会ですか。
私なら緊張して風情どころの話ではないと思います。
茶席で写真なんて大丈夫だったのですか。
時期が来たら庭園が美しく染まるであろうと十分に想像できます。

生演奏を間近に聴けるって心が動きますよね。

干し柿を両親が作っていました。
私は食べるだけ。
tami
2016/11/14 21:32
こんばんは!
こんな由緒あるお茶室でのお茶会とは素敵ですね。11月炉開きなんですね。
若い頃少し習っていたので懐かしいですね。この頃はご無沙汰です。
紅葉も始まっていい季節になりましたね。
子供連れでも気楽に観賞出来るコンサートとは良いですね。
干し柿作りご苦労様でした。甘くなるのが楽しみですね。
eko
2016/11/14 22:15
おはようございます。
お点前。無になりますね。
じっと拝見していると美しい流れが見えます。
庵に入る前にお庭をてくてく。関守石。好き(笑)
心遣いが有難い。美しいです。
コンサート、楽しそう♪平ったくして目線一緒。
みんな一緒。
干し柿も一列!
み〜んな一緒
今日もどうぞ素敵に<m(__)m>
winga
2016/11/15 05:25
お茶会、素晴らしいですね。
茶道には日本の芸術や文化が凝縮されていると誰かに聞いた事があります。
以前京都に住んでいた頃、近くに表と裏の千家があり良くその付近をうろついていましたが、近隣のお店にあるお道具の値段を見て驚いた事があります。
下世話ですみません。
見る眼の無い者には猫に小判ですね。
私は全くの野人ですが、憧れます。
ヤス
2016/11/15 08:19
全てが静謐で美しく調和して本当に素敵なところですね。
三木露風さん、三鷹にもゆかりがあり、
市の5時の鐘は「赤とんぼ」なんですよ。
コンサート、思い思いに楽しみながら
本堂いっぱいの音に包まれましたね!
干し柿、作った事あります。甘くなってびっくりでした!
待つ日々も楽しいですね❤
巻き込まれた子供たちはしあわせだ〜❤
keikoさん
2016/11/15 09:50
紅葉が始まった木々の中でのお茶会は 更に日本の侘び寂を身体中で満喫できますね。お若い方もいらっしゃいますね。
干し柿も秋の風情を醸し出しますね。段々ショボショボと縮んできて 暮れには甘くて美味しい干し柿に仕上がりますね。雨など大敵でしょうが ベランダなら心配ないですね。 こんな作業に参加することで学ぶことは沢山ありますね。
しおん
2016/11/15 10:00
こんにちは。
お茶会が行われたのですね‥心が落ち着いて飲むお茶も一層美味しさを感じますよね、銀杏の葉がのせてあるお菓子は季節にピッタリですね。
こんなに自由なクラッシックコンサートがあるのですね、皆さん思い思いに楽しんで演奏もきっと心に残った事でしょうね。
干し柿はスーパーで買うと本当にお高くてこうして手作りが出来ると嬉しいです、私も干し柿大好きです渋柿が干すだけでこんなにも甘くなる事を実は大人になって知りました、お手伝いをした子供も干し柿を見るたびにこの作業を思い出してくれますね。。。

きょんたん
2016/11/15 12:28
 HTさんへ

HTさんこんにちわ。
早々にコメント頂き、有難うございます。

≫素晴らしい庭園ですねぇ
はい、たつの市は歴史ある城下町で、西の小京都と
呼ばれております。

≫お茶会で良く写真を撮ってこられましたですよね
 はぁ!はい最初の一枚とお軸の
写真はお茶席が始まる前でしたのでバッチシOKでした。
後の写真は、座席が前の方ではなかったことも幸いして
お菓子配られている時でしたから、お席がザワザワと…
なので素早くパチリ‼
お蔭でブレブレですが
お茶席は思ったより気楽に楽しめると思います。

≫此方でも農家さんとかでは作っていますが、
もう最近ではほとんど吊るしている所を見ていません
 そうですか・・・少し田舎に行けば
干し柿吊るされているところがあるかも知れませんね。
この体験は子供にとっても初めてで、楽しそうに
手伝ってくれました。
慈園
2016/11/15 14:36
るなまるさんへ

るなまるさん、コメントありがとうございます。
うふっ! 私のお茶の先生は若い人たちにも
とっても人気者。フアンが沢山いるんですよ
るなまるさん、いいところにメッコつけて下さいました。

暑かったこの夏に比べて秋はしっとりと暮れて行きますね。
コンサートに干し柿作り、まさに芸術の秋・食欲の秋ですね。
慈園
2016/11/15 14:47
 トトパパさんへ

トトパパさん、たつの市へは来られたことありますか?
春も秋もとても美しい、西の小京都と言われる所です。
お茶会はまさにぴったりでした。
おっしゃる様に紅葉はこれからというところかな?

干し柿、今の子供たちは食べる機会が少ないかも?
でも、この体験は珍しさもあって楽しめたようでした。
慈園
2016/11/15 14:54
 R子さんへ

R子さん、久しぶりのお茶会でした。
あなたもお稽古してらしたわよね。
懐かしいでしょう(ニコッ(´▽`))

干し柿、かなり手間でしたけど、お喋りしながら
3〜4人で作業するとはかどりました。
あなたは丹波にお出かけでしたか?
あそこもいろいろ楽しむ処があって遊べますね。
ご夫婦はいつもご一緒(笑)行動派で好奇心旺盛!
動けるときが花ですわ

コメントありがとうございます。
慈園
2016/11/15 15:03
 fujisanさんへ

fujisanさん、コメントを有難うございます。
本堂でのコンサートは毎年秋に2日間にわたって
行われています。
BGアップは2日目の催しで、障害者の方たちを
無料でご招待しています。
クラシックコンサートは静まり返った堅苦しい雰囲気
ですが、その垣根を取っ払って楽しんでもらいます。
ご本尊の阿弥陀様もにこやかに見守って下さったこと
でしょう。

fujisanさん、BGのオープニング曲が変わりましたね。
これもまた素敵です。
とても心が落ち着き、癒されましたよ

慈園
2016/11/15 15:14
コマダムさんへ

コマダムさん、コメント頂き嬉しいです。
有難うございます。

干しかごの中身、見えましたか?
バレてしまいました(;'∀')。
中身は熟れすぎて綺麗に皮がむけなかった柿です。
なんとか食べられればいいのですが…。
コマダムさん、やはり暖かい日が続くとだめですよね。
昨日、今日と暖かかったから心配です

慈園
2016/11/15 18:04
 つばささんへ

つばささん、コメント有難うございます。
私もつばささんがコメント下さった前日
PC調子が悪かったです。
そう云うことってあるんですね〜。

お茶会は気持ちもゆったり、紅葉を愛でながら
落ち着いた時間を過ごしました。
つばささん、干し柿お好きですか?
最近の子供は作り方も知らないし、食べることも
ないようです。
手伝ってくれた子たちも食べたい?って言ったら
首を振りました(笑)
でも、私は昔食べ物の少なかった時代、おやつに
していた話をすると興味深そうでした。
さて、出来上がったら食べてくれるでしょうか?
慈園
2016/11/15 18:13
 もこさんへ

もこさん、いつもコメントありがとうございます。
竜野市の「衆遠亭」ご存知だったのですね。
龍野と云えば、三木露風ですね。
「赤とんぼ」も記憶にありましたか?

お寺のコンサートは、この日は障害を持った方の
ご招待日でした。
皆さん楽しみにして下さっていたようで、良かったです。

もこさんのところはこちらより少し寒いから丁度
柔らかくなった頃なんですね。
姫路は昨日今日、とても暖かい。カビが生えないかと
心配です
慈園
2016/11/15 18:22
 JKさんへ

こんばんわ、JKさん。
コメントいただき嬉しいです。
ありがとうございます。

たつのは西の小京都と言われている城下町。
お茶会の場所は景観もよく、歴史的建造物も
あって、言われる通り素敵なところです。

JKさん、お茶のお稽古されていたんですね。
やはり心が落ち着くのはご承知の通りです。
そうですわよ〜、足痛くなりますねぇ。
それで私、後ろのほうに座りました(笑)

慈園
2016/11/15 18:33
こんばんは。
何と味のある素敵な茶室でのお茶会。
そして茶掛けにも目を惹かれました〜。何かお洒落、何と書いてあるんでしょう…(風流なり、又風流違ってるかな
庭園の木々も美しいですね。
お正月に手作りの干し柿が食べられますね。美味しそう〜
イエティ1号
2016/11/15 19:51
ekoさんへ

ekoさん、コメントありがとうございます。

たつの市は西の小京都と言われる城下町です。
風流な茶室で頂く一服は、何とも言えない
心のビタミン剤です。
ekoさんもお茶のお稽古されていたのですね。
最近は足のしびれもひどいのですが、感覚を
忘れない程度にお茶席に行くのもいいものです。
ekoさんも如何でしょうか。
干し柿作り、お喋りしながら作業するとあっと
言う間に終わります。
最近の子供たちはこういう体験初めてらしくて
珍しさもあってのりのりで手伝ってくれました。

慈園
2016/11/15 20:34
 tamiさんへ

tamiさん、コメントありがとうございます。

「衆遠亭」は、確かに由緒ある茶室です。
たつの市は西の小京都と呼ばれる歴史ある
城下町で観光客もリピーターが多いです。
私も大好きな場所です。
tamiさん、お茶席苦手ですか?
男性も結構いらしてました。

えっ!写真大丈夫かって?
本当はダメだと思います
1番最初の写真と、掛け軸の写真は
お点前が始まる前でしたから大丈夫。
私のお席は後ろの目立たないところでしたから
後の2枚は、お菓子が配られている時そ〜っと 
お蔭でブレブレですが

tamiさんのご両親も干し柿作っておられましたか。
じゃ、tamiさんも食べられますね。
今の子供たちはその美味しさ知らないようです。

慈園
2016/11/15 20:55
慈園さん
こんばんは。
素敵なお茶室ですね。
大勢の方で賑わっていますね。
お庭の紅葉が柔らかい色付きで癒されますね。
わが家では夫が物産市などで購入して毎年干し柿作っています。
今は暖かくてもう少し先がいいかなといってます。
kimie
2016/11/15 21:43
こんにちは♪
凛とした空気が流れる中の、少しの緊張が好きですね。
私はなかなかこのような機会に触れることがありませんが、たまにあるとこの緊張感にドキドキします。
嫁入りに持参した、お釜も押入れの奥に・・・。

死ぬ前に食べたいものって聞かれたら「干し柿」と答えるまきちゃんです。
それを知っている友人が、毎年届けてくれます。
それにお高い干し柿も、ケーキと思えばね(笑)
自分で作ると上手に美味しくトロトロにできません(苦笑い)


まきちゃん
2016/11/16 16:57
 wingaさんへ

wingaさん、こんにちわ。
いつもコメントありがとうございます。

wingaさんもお茶席は好きですか?
最初の一枚はお点前の始まる前の写真です。
凛とした緊張感の中に、無の空気感が漂って
いるのがお茶席ですね。
関守石? ちゃんと置かれていましたよ。
あ・んの呼吸ですね。お好きなんですね。

そうです。コンサートも干し柿もみ〜んな
一列。
楽しい時間を過ごしました。
慈園
2016/11/16 18:18
色付いた紅葉に覆われるような
素敵なお茶室ですね。
三木露風は、私の住む街のお隣の
三鷹市で暮し、三鷹市で亡くなったそうです。
駅前には「赤とんぼの碑」があるので、
何となく懐かしさを覚えました。
干し柿、美味しくなるといいですね。
yasuhiko
2016/11/16 20:56
 ヤスさんへ

こんばんわ、やすさん。
今日もコメントありがとうございます。

≫茶道には日本の芸術や文化が凝縮されていると
誰かに聞いた事があります
 その通りでしょうね。特に禅宗にその伝統が
受け継がれて来ていると思います。

あら、ヤスさん京都にいらっしゃったことが
おありでしたか?
私は裏千家の流派です。おっしゃる様に茶道具は
ピンキリですが銘のあるものはとてもお高いですね。
ヤスさんいいものをご覧になっていてお目が高いのでは?

気楽に生けるお茶会も沢山あると思います。
機会があればぜひ一度行ってみてくださいネ。


慈園
2016/11/16 22:02
 keikoさんへ

keiko先生、こんばんわ。
今日もコメント頂き有難うございます。

たつの市は、西の小京都といわれていて
風情ある城下町です。
歴史的建造物の中に「衆遠亭」はあって
観光客も多い場所です。
三木露風は三鷹に住んでいたことがあって
三鷹で亡くなったそうですね。
5時の鐘は赤とんぼ?。たつの市と同じです。
keiko先生、お近くですか?

コンサートは2日間あって、一日目は一般客。
入場料は¥3,000 でした。
そのご厚意で二日目が特別な配慮を必要とする人
たちをご招待できました。
そちらは勿論、無料(笑)楽しんでいただきました。

干し柿も作られたことがあるのですね。
私もみんなも楽しみにしているんです


慈園
2016/11/16 22:20
 しおんさんへ

こんにちわ、しおんさん。
コメント頂き嬉しいです。有難うございます<m(__)m>

昔お稽古していた先生と今も交流があって
お茶会に参加させて頂きました。
おっしゃる様にこの季節のお茶会は、風情もあり
詫び寂が一層際立つように思います。
先生は気さくなお人柄でお若い方に大変人気が
あっていつも賑わっています。

干し柿は毎年致しますが、今年は実家まで
採りに行って沢山作りました。
ただ、このところ日中が暖かいのでカビが心配。
毎日ベランダに出て観察しています。
子供は好奇心旺盛で初めてのことでも積極的に
参加してくれます。
きっと何か心に残るものもあるかと…
かけがえのないお友だちです(笑)
慈園
2016/11/17 11:57
 きょんたんさんへ

きょんたんさん、こんにちわ。
今日もコメントありがとうございます。

お茶会に行ってきました(^^♪
出された銀杏餅、葉っぱが上に乗ってて
中には銀杏の実が3つ入っていました。
もう、美味しくってもっと食べたかった(笑)

クラッシックコンサートは通常堅苦しいのが相場。
その垣根を取っ払って楽しむのが善教寺の福祉コンサート。
奇声を発する方たちも中にはいます。
障害を持つ方たちですから頷いてくださいますか?
続けることに大変意味があると考えています。

きょんたんさん、干し柿の甘さ本当に不思議ですよね〜
自然の偉大な力に脱帽ですね。
最近の子供たちはその工程も味もほとんど知らないで
育ちます。
私は自分の出来ることで大事なものは何かを子供たちに
伝えたいと思っています(二コッ(´▽`))
慈園
2016/11/17 12:13
 イエティ1号さんへ

≫何と味のある素敵な茶室でのお茶会
  そうでしょ? たつの市は西の京都と呼ばれる街で
  城下町だけに歴史的建造物、多いんですよ。
茶掛けのお軸は、おっしゃる通りの言葉ですわ。
お見事

干し柿、カビはえないように祈るばかりです。

イエティさん、コメントありがとうございます<m(__)m>
慈園
2016/11/17 12:23
 kimieさんへ

kimieさん、今日もコメントありがとうございます。

お茶会に行って来ました。
場所の良さもあって大変多くの方がお越しでした。
この辺りは紅葉の名所なんですよ
お天気が今一で写真も下手でお庭の美しさを
潰してしまったようで木々に申し訳なかった
でも、おっしゃる様に癒されました。

干し柿、ご主人様がお作りになるの?
それとも共同作業かな?
出来上がるのが楽しみですものね。
私もカビが生えやしないかとそれが心配
慈園
2016/11/17 12:31
 まきちゃんさんへ

まきちゃんさん、今日もコメント
ありがとうございます<m(__)m>。

まきちゃんさん、お茶会の静寂さの中の
緊張感、お好きですか?私も好きです♪
まぁ! お嫁入りの茶道具、押し入れの中?
もったいないですぅ。
・・・言いながら私も、正式なものは
押し入れに(トホホッ

ええっまきちゃんさん、そんなに
干し柿お好きですか? 私も好きだけどぉ〜
イイお友達持っていらっしゃる
そう、ケーキも高いものねぇ。
ものは考えようですね(笑)
慈園
2016/11/17 12:45
 yasuhikoさんへ

yasuhikoさん、こんにちわ。
今日もコメントありがとうございます。

たつの市は播磨の小京都と呼ばれており
歴史的にも名高い城下町です。
特に「衆遠亭」を囲む公園は紅葉の名所。
この季節にお茶会への参加はラッキーでした。

≫三木露風は、私の住む街のお隣の
三鷹市で暮し、三鷹市で亡くなったそうです。
 そうでしたか・・・。知りませんでした。
 朝晩、決まった時間に「赤とんぼ」のメロデイーが
 流れていますか?
 だったら、たつのの町と同じですね。

干し柿、カビが来ませんようにと毎朝ベランダで
観察しています。
慈園
2016/11/17 12:58
お茶会はすてきな庭園とともに楽しめましたね。
コンサート、音楽はもすばらしいです。
干し柿、ご苦労様でした。
おいしいものができるでしょう。
私も大好きです。
はるる
2016/11/18 20:32
 はるるさんへ

はるるさん、コメ返遅くなってごめんなさいね。
いつもありがとうございます<m(__)m>

はい、お茶かい久しぶりで、心洗われる
ひとときでした。たまにはいいですねぇ。

はるるさんも干し柿お好きでいらっしゃいましたか。
少し手間ですがいつも出来上がった干し柿食べるのを
楽しみに作っています。
今年は食べ手が沢山おります。
いつまで持つことでしょうか(笑)
慈園
2016/11/23 19:50
こんばんわ、私も学生の頃、茶道部に在籍していたことが

有りますが、正座が苦手ですね。
お抹茶は大好きなんですが^^;

素敵な庭園に、紅葉や浮堂暫く見入って
しまいました。

干し柿も美味しそうに
出来ましたね。
出来上がってご賞味されるときが
楽しみですね。
忍舞(しのぶ)
2016/11/23 21:25
おはようございます

茶会にご出席されたのでございますね 11月は、炉開きで 葉茶壷の口の封印でもあり新茶を戴く嬉しい行事でもありますね 茶室に新鮮な香りが漂ったことでしょうね。

歴史ある庭園に衆遠亭の茶室は趣のある佇まいでございますね 周りの池や紅葉が素晴らしく茶会が終わり お庭 散策し しっとりと侘び寂を感じられた一日でございましたね。

お寺さんで毎年恒例のクラシックコンサートは嬉しいですね お子様連れで自由体制で楽しめるのが何よりでございますね お寺さんですと音響がとってもいいでしょうね(*^-^)ニコ

沢山の干し柿を作られましたね 皮むき大変でしたでしょうね 最近は干し柿が仰る様に大変に高価な品になってきました お子様達もお手伝いしてくれまして良かったですね 美味しくなった時には又皆様と戴けるのが楽しみでございますね。
お疲れ様でございました。
やっと
2016/11/24 04:42
慈園さん
よくお茶碗とお菓子を撮られましたね。
どのようになさったのか
あの雰囲気で難しくないですか?

景色のお写真がなんともいえない
色合いで見事です。
肝心のピアニストやお茶会の器もそうですが
勢いがありぶれてしまうのが
とてもその時の様子が想われて
なおのこと良いですわ。
asakun
2016/11/24 14:27
忍舞さんへ

忍舞さん、こんにちわ。
寒くなりましたね。
お変わりなくお過ごしですか?

あらぁ〜、学生時代、茶道部に?
そうでしたか。
正座、最近私も苦手になりました。
この時も末席でした。足崩せるように(笑)

雰囲気のあるお茶室近辺は、より一層
気持ちが落ち着き、良い時間が過ごせました。
写真、見て下さってありがとうございます。

干し柿は、丁度色艶良くなってきました。
お正月が楽しみです
慈園
2016/11/25 14:30
やっとさんへ

やっとさん、こんにちわ。

≫11月は、炉開きで 葉茶壷の口の封印でもあり
新茶を戴く嬉しい行事でもありますね
 その通りでございます。
 のど越しとても美味しく、またゆっくりとした時間の
 流れの中で、床の間の一輪の花に気持ちを添わすとき
 茶の湯が日本文化の高潔さを思い知らしめてくれました。

お寺でのコンサートは、おっしゃるように音響がとても
いいですよ。皆さんが来てくださって、阿弥陀様も
ニコニコ顔だと勝手に想像している慈園です(笑)

干し柿作りの目的は「和」ですね。
みんなで作業。みんなでいただく。
これが仏の子を育てる基本にしていることで
ございます。

やっとさん、この度もお越しいただき
感謝申し上げます<m(__)m>
慈園
2016/11/25 14:55
 asakunさんへ

asakunさん、コメントありがとうございます。

≫よくお茶碗とお菓子を撮られましたね。
どのようになさったのか あの雰囲気で難しくないですか?

はい!そりゃあもう
お席は末席の方でしたから、見えないようにそぉ〜っと。
ただ、最初の一枚はお点前が始まる前でしたから
大丈夫でした。
その他はやはりブレブレでしたね

asakunさん、私の写真の中から心の綾を汲み取って
くださったのですね。流石でございます。
失敗も成功もそこから学ぶものは限りなく多い。
ありがとうございます<m(__)m>
慈園
2016/11/25 15:08
こんばんわ、お変わりは

有りますが、なんとか切り開いて
行きたいと思っています。

ただ、同じハードルが現れるのは
クリアしろという神の
思し召しだとは
思うものの

言われない反感を買う場合は
いかんともしがたく。。。
難しい課題です。
忍舞(しのぶ)
2016/12/07 22:37
 忍舞さんへ

忍舞さん、悩みは人間関係なんですね。
慈園はいつも気にかかっております。
環境を変えても常にそういうことが
纏わりつくようであれば、自分の思考を
振り返って分析する必要があるかも知れません。
腑に落ちれば自らが変われるからです。

少しずつでもよい方向に向かうよう願っています。
慈園
2016/12/08 13:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
もこさんhttp://mokobaa.at.webry.info/ wingaさんhttp://8022.at.webry.info/
深まりゆく秋の日に… 慈園(jion)の微笑み日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる